SHINBI(神秘)拡大鏡

拡大鏡

書見台

デスクライト

屋久杉印鑑

新規商品

スニーカー

お申し込みフォームボタン お問い合せボタン
シンビニュース

SHINBI(シンビ)は多くのメディアでも紹介されています。

(詳しくはこちらから)
雑誌『サライ』

2007年9/6号

シンビが紹介された雑誌『サライ』雑誌写真
雑誌『Lapita』

2007年9月号

雑誌『サンデー毎日』

2008年4/13号

シンビが紹介された雑誌『サンデー毎日』雑誌写真
雑誌『通販生活』

2008年夏号

シンビが紹介された雑誌『通販生活』雑誌写真

カーナビタイプのモニター募集

SHINBI(シンビ)カーナビタイプのモニターを募集しています。格安で購入できるチャンスです。

(詳しくはこちらから)

全国取扱店(法人、個人)を募集しています。

広告代理店、書店、文具店、雑貨店、眼鏡販売店、保険代理店など、取扱店を募集しております。詳しくはお問い合わせください。

屋久杉印鑑ー個人用ー認印(男女共通、姓または名のみ)-直径10.5mm

     

  • 日本
  • 23,625円
  • EA
電話お問い合わせ : 03-6806-8951
メールお問い合わせ : jiyutrading01@gmail.com

商品詳細説明


屋久杉とは?




屋久杉は、鹿児島市の南方に浮かぶ「世界自然遺産」の島、屋久島に自生する樹齢1000年以上の杉の大樹のことを言います。湿気など過酷な環境に耐え抜くよう他の木にはないほどの多量の樹脂を含み、腐敗の脅威から免れています。1954年国の特別天然記念物に指定され、一切の伐採が禁止されました。現在、使用が許されている屋久杉は江戸時代に伐採され、今に残る土埋木、倒木、切り株のみとなっています。「屋久杉印鑑」は、鹿児島県内の屋久杉取扱認定業者より入手した屋久杉材料として使用しており、とても希少性が高く貴重なものです。太古の生命を宿し、「神が宿る木」と古(いにしえ)より崇められている屋久杉の美しさをご堪能ください。







屋久杉印鑑とは?




本来、杉やヒノキなどの針葉樹は、広葉樹に比べ、柔らかい上に、年輪目に夏と冬の差が大きく、欠けやすいものであるため、ハンコ材料としては不向きとされていた。

それを、島根県の印鑑専門メーカーである株式会社永江印祥堂(昭和45年設立)が島根大学と共同開発した屋久杉の加工技術と永江書体を用いて完成させたのが、ここで紹介する「永江印祥堂の屋久杉印鑑」です。

薬品を一切に使わずに、水と熱だけで木材を圧縮し(70トン、2時間)、形状を固定する特殊圧密加工(圧縮加工で1/3に圧縮してから3か月ほど自然乾燥)を施すことで、従来、杉材の欠点であった素材の柔らかさ、非均質性を克服し、堅牢で傷が付きにくく、印鑑の素材として十分すぎるほどの強度(比重1.15~1.25)を得ることができます。

*黒檀1.1、柘植0.9、通常の杉0.38。


また、強度・靱性・均質性のみならず、木材繊維そのままの形で残していることから印鑑として最も大切な「綺麗な印影」を得ることが出来るのです。
古代の歴史と生命力に対する畏敬の念から最終仕上げの磨きにもこだわりました。専用ワックスで一本一本を丁寧に磨き上げることにより屋久杉独特の和やかな美しい木目と茶褐色の高級感溢れる光沢が出現しました。まさに古代の生命に直接触れているかのような感さえあります。
風格、強度、捺印性、まさに木質印章の王者とも言える存在です。
*天然素材のため、画像と実際の商品とでは色と模様が多少異なります。

手順)


   
1)字入れ:実際の約6倍の大きさで職人が文字を永江字体書きます。微妙で精細なタッチを最大限生かす工夫です。






          
2)彫刻:人の手で不可能な狭い空間でも深く削れる、優秀な機械の威力をフルに発揮します 







                     
3)2)の段階ではまだまだ未完成です。最後はやはり人の手で仕上げが必要です。活きた文字に仕上げるのは、熟練の技術と感性が必要です。









永江字体とは?

創立者の永江宏安がその生涯をかけて生み出した究極の印鑑「永江文字」。 印鑑にする書体を修得し、卓越した知識と視覚的完成を融合。 独自の世界観の中で完成されたこの文字は、他にはない理想的且つ、入魂の印鑑専用文字です。

ハンコの種類

■認印とは?
文字の通り「しるし」として捺印する印章です。認印とは言えども、各種契約書等に署名捺印したものは、民法上は同じ効力を持ちますので注意が必要です。

認印に刻する内容
男性・女性問わず、主として姓を刻印します。但し、会社の出勤簿や書類等に捺印する際に、同姓の方がいる場合は、書体を変えて作製する方が誤認防止となるでしょう。

■銀行印とは?
銀行口座の開設、預貯金の出し入れ等の金融面での役割を担う印章で、実印同様に本人であることを証明する為に使用します。実印との大きな違いは、家族間で共有出来ることですが、金銭管理の大切な印章ですので、実印との併用、家族間での併用は出来るだけ避けた方が良いでしょう。

銀行印に刻する内容
男性・女性問わず、主として姓を横に刻印しますが、実印同様、未婚の女性の場合は、結婚後に姓が変わっても使用出来るように、名だけを刻印する場合もあります。横に刻印する理由は、「水は縦に流れる」の水をお金に見立て「お金をせき止める」という意味です。

■実印とは?
個人証明に使用される印章で、本人であることを公的機関に証明してもらう為に用いる印章です。よって、同じ印章を家族で共有することは出来ません。予め、実印の印影を役所に登録し、役所より発行する印鑑証明とその印章を捺印した契約書に添付することで、本人が同意した契約であることを証明する仕組みとなっています。

実印に刻する内容
既婚者の場合、男女問わず、姓と名を縦配列として二行にします。但し、未婚の女性の場合は、結婚後に姓が変わっても使用出来るように、名だけを刻印する場合もあります。
 






貴重なものだから10年保証致します

通常のご使用で印面の輪郭が欠けたり印面にキズが入ったりした場合には、
期間内に限り無償で再製作いたします。例えばユーザー様が落下させて印面が欠けた場合は対象外となります。

再製作とは印面の彫り直し(改刻)となります。

保証の範囲内でございましたら、
送料は弊社が負担致します。





発注方法


1.認印、銀行印は苗字または名前の4文字(漢字、ひらがな)までです。
  フルネームでの4文字は対象外となります。

2.発注の時、「名入れ文字」を正確に書いていただきます。

3.メーカーで作成した印影をメールで送りますので、
  確認してもらい、最終確定します。

4.製品到着