SHINBI(神秘)拡大鏡

拡大鏡

書見台

デスクライト

屋久杉印鑑

新規商品

スニーカー

お申し込みフォームボタン お問い合せボタン
シンビニュース

SHINBI(シンビ)は多くのメディアでも紹介されています。

(詳しくはこちらから)
雑誌『サライ』

2007年9/6号

シンビが紹介された雑誌『サライ』雑誌写真
雑誌『Lapita』

2007年9月号

雑誌『サンデー毎日』

2008年4/13号

シンビが紹介された雑誌『サンデー毎日』雑誌写真
雑誌『通販生活』

2008年夏号

シンビが紹介された雑誌『通販生活』雑誌写真

カーナビタイプのモニター募集

SHINBI(シンビ)カーナビタイプのモニターを募集しています。格安で購入できるチャンスです。

(詳しくはこちらから)

全国取扱店(法人、個人)を募集しています。

広告代理店、書店、文具店、雑貨店、眼鏡販売店、保険代理店など、取扱店を募集しております。詳しくはお問い合わせください。

シンビが世界の一級品であるゆえんは、ここにあります。

非球面レンズ設計・長時間使用しても疲れない

歪みがなく隅々までクリアーにみることが出来ます。人間の眼は横目でみても像が歪みません。それは、人間の眼のレンズが非球面であるからです。

人間の眼と同じ非球面レンズは眼に負担をかけません。長時間使用しても疲れにくく眼にやさしいレンズです。

非球面レンズ対比図

多焦点(マルチフォーカス)で使い心地満点!

多焦点(マルチフォーカス)レンズは焦点範囲がたいへん広く焦点距離の制限がありません。焦点を合わせるためにレンズを上下させるわずらわしさがなくレンズを固定して使えます。また、少しレンズと眼の距離を変えるだけで倍率も簡単にかえることができます。(ただし、最高倍率は変わりません)

様々な角度から見ても眼の調整機能を酷使することなく楽にみることができます。それはまたひとつのレンズを通して、複数のひとが同じものを見ることができるということです。ですから、いちいちレンズを他の人に手渡して見てもらう必要もありません。SHINBIレンズはそうした理由から、仕事や生活の中で使う範囲もひろくたいへん便利な拡大鏡と言えます。

お使いの遠近どちらの眼鏡をつけたままでもご使用いただけます。眼鏡のつけたり、はずしたりする必要はありません。SHINBI(シンビ)は使い心地のたいへん良い拡大鏡です。

レンズ使用例の図

※距離や角度は、一般的な使用環境での距離と角度となります。

非球面・多焦点(マルチフォーカス)拡大鏡では世界最大サイズ

非球面、マルチフォーカスレンズであることに加え卓上・手持ち・カーナビタイプは、このような拡大鏡ではどこもなし得なかった最大の横18cm、タテ12cmのサイズを実現。

両目で見ることができます。見える範囲が格段に広くなり、今までの拡大鏡と違い、いちいちレンズを移動させることもありません。読書や趣味や仕事場での細かい作業などがとても楽になります。

※プラネル方式(プリズム方式)レンズについては比較除外しております。

レンズ寸法図

防弾ガラスにも使用される素材を使用+三層コーティング処理

SHINBI(シンビ)はPC(ポリカーポーネイト)を読書用レンズの素材として世界で初めて採用しました。

この素材は防弾ガラスにも使用されている素材で衝撃にたいへん強く、また軽いという特長があります。既存の拡大鏡はガラス、アクリル、プラスチックなどを使っていますので常に傷や破損の心配をしなければなりませんでしたがSHINBI(シンビ)はそんな心配がありません。

SHINBI(シンビ)は普通の生活の中でおこる衝撃にたいへん強くできています。また、機能性を高めるために表面に以下の三重のコーティング処理をほどこしてあります。これら処理はメガネレンズ8個分のコストを使った高級レンズならではの表面処理です。

  1. ハードコーティング:撥水・スクラッチ(傷)防止機能
  2. マルチコーティング:反射を少なくきれいな像を確保する機能
  3. ITOコーティング:電磁波・静電気発生抑制機能(パソコン使用でも安心。汚れも少ない。)
■特許(International Patent-PCT/KR 2005/003898)
韓国:特許取得済み
日本、アメリカ、中国、EU:特許出願中